200万借りるなら低金利の銀行カードローンがおすすめな理由

200万円は消費者金融では難しい

 

おまとめなど大きな金額を扱うときには慎重にならなくてはなりません。借り入れたい金額が200万円、そのときにはどのようにすれば良いのでしょうか。

 

個人が貸金業から借り入れができる金額の上限は年収の3分の1まで、年収300万円の方で、総量規制に基づいた貸金業者から借り入れる上限が100万円になります。

 

今度は逆算してみましょう。

 

200万円を借り入れるためには、最低年収がいくら必要になるのでしょうか。その3倍となる600万円です。

 

 

 

 

  おすすめ順 年利 限度額
オリックス銀行
オリックス銀行カードローン
1.7%〜17.8% 最高800万円
プロミス
プロミス
4.5%〜17.8% 1万円〜500万円
アコム
3.0%〜18.0% 1万円〜800万円
モビット
モビット
3.0%〜18.0% 1万円〜800万円

200万円以上の高額融資は銀行カードローンがおすすめ。

消費者金融で200万円借りようと思えば条件として、年収をクリアしなければなりません。消費者金融の場合、総量規制で「融資限度額は年収の3分の1以内」という制限があるので、200万円借りたい時は最低でも600万円以上の収入が必要になります。

 

年収600万円以上となれば、クリアするのはそう簡単ではありません。銀行カードローンの場合は、基本的に安定した収入は必要ですが、審査に通れば年収に関係なく200万円の融資が受けられる可能性があります。

 

 

高額融資を受ける時は、銀行カードローンがおすすめで、おすすめの銀行カードローンの基本スペックは以下の通りです。

 

カードローン名 金利 融資限度額
三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8%〜14.6% 500万円
みずほ銀行カードローン 2.0%〜14.0% 800万円
オリックス銀行カードローン 1.7%〜17.8% 最高800万円
三井住友銀行カードローン 4.0%〜14.5% 800万円

 

高額を検討する時は金利の比較が最も重要。

大手消費者金融の金利は17.8%、18.0%と決まっていますが、銀行カードローンの場合は、それぞれの銀行の融資基準が違うので、銀行ごとに比較してみる必要があります。

 

少額融資で借りる場合は、上限金利が適用されるので、大手消費者金融の18.0%とオリックス銀行カードローンの17.8%とはほぼ同じ利息を支払う事になりますが、200万円の借入となると金利差が大きくなります。

 

たとえば「プロミス」で200万円借りて、45,000円の毎月返済額とした場合、返済回数74回、利息合計は1,290,327円になります。

 

同じ返済シミュレーションを使い、オリックス銀行カードローンの金利12.8%、毎月返済額を45,000円で計算した場合、返済回数は61カ月、利息合計は725,393円となります。

 

同じ条件でもオリックス銀行カードローンなら564,934円利息が安くなるという事が解るので、返済シミュレーションなどを利用し、金利の比較をしてみる事が重要です。

 

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」で200万円借りる。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、インターネット申込なら24時間何時でも申込が可能ですが、テレビ窓口から申込なら、その場でカードが受け取れる事や、銀行の営業時間の営業時間外や、土日・祝日でも融資が受けられるというメリットがあります。

 

申込条件は

  • 年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人の方で、保証会社(アコム梶jの保証を受けられる方
  • 原則安定した収入がある方

(外国人の方は永住許可を受けている方に限ります)
借入希望額が200万円という高額融資でも、安定した収入があれば申込が可能です。

 

 

ちなみに「バンクイック」の金利

利用限度額 金利(年率)
400万円超500万円以下 1.800%〜6.100%
300万円超400万円以下 6.100%〜7.600%
200万円超300万円以下 7.600%〜10.600%
100万円超200万円以下 10.600%〜13.600%
10万円超100万円以下 13.600%〜14.600%

が適用されるので、借入希望額が200万円の場合は10.600%〜13.600%の範囲内になります。

 

 

毎月最低返済額は

借入残高 利率(年15.00%未満)
10万円以下 2,000円
20万円超30万円以下 4,000円
30万円超40万円以下 8,000円
40万円超 10万円増すごとに2,000円を追加

となっているので、200万円を借りた場合の毎月返済額は40,000円以上になります。

 

みずほ銀行カードローンで200万円借りる。

みずほ銀行カードローンは最近テレビコマーシャルでもよく見かけられるようになった銀行カードローンで、同行の住宅ローンを利用している方は0.5%の優遇金利が適用されるので、住宅ローンを利用している方におすすめのカードローンです。

 

みずほ銀行カードローンの申込条件は

  • 契約時の年齢が満 20 歳以上満 66 歳未満の方で、安定かつ継続した収入の見込める方
  • 保証会社の潟Iリエントコーポレーションの保証が受けられる方

になります。

 

 

みずほ銀行カードローンの金利は

融資限度額 金利(年率)
10万円以上100万円未満 年14.0%
100万円以上200万円未満 年12.0%
200万円以上300万円未満 年9.0%
300万円以上400万円未満 年7.0%
400万円以上500万円未満 年6.0%
500万円以上600万円未満 年5.0%
60万円以上800万円未満 年4.5%
800万円 年2.0%

が適用されます。

 

 

毎月返済額は

前月10日の借入残高 毎月返済額
1万円未満 前月10日現在借入残高
1万円以上100万円以下 1万円
100万円以上200万円以下 2万円
200万円以上300万円未満 3万円
300万円以上400万円未満 4万円
400万円以上500万円未満 5万円
500万円以上600万円未満 6万円
600万円超700万円以下 7万円
700万円以上800万円未満 8万円
800万円以上900万円未満 9万円
900万円以上1,000万円未満 10万円
1,000万円超 * 11万円

となっているので、200万円の場合は毎月20,000円以上の返済になります。

 

みずほ銀行カードローンはキャッシュカードにカードローン機能を加えるので、口座のない方は、カードローンの申込と同時に口座の申込をする必要があります。

 

オリックス銀行カードローンで100万円借りる。

 

オリックス銀行カードローン

 

オリックス銀行はネット銀行のひとつで、最近口コミなどでも人気のあるカードローンです。利用する際は、オリックス銀行の口座以外でも可能なので、借入の時に新たに口座を作る必要がありません

 

オリックス銀行カードローンの申込条件は

  • 申込み時の年齢が満20歳以上69歳未満の方
  • 原則、毎月安定した収入のある方
  • 日本国内にご在住の方(外国籍の方は、永住者または特別永住者の方)
  • オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられる方

なら、アルバイトやパートの方でも申込ができます。

 

 

オリックス銀行の金利はそれぞれコースごとの設定になっています。

コース 利用限度額 借入利率(年)
800万円コース 700万円超800万以下 1.7%〜4.8%
700万円コース 600万円超700万円以下 3.5%〜5.8%
600万円コース 500万円超600万円以下
500万円コース 400万円超500万円以下 4.5%〜8.8%
400万円コース 300万円超400万円以下
300万円コース 200万円超300万円以下 5.0%〜12.8%
200万円コース 150万円超200万円以下
150万円コース 100万円超150万円以下 6.0%〜14.8%
100万円コース 100万円
100万円未満コース 100万円未満 12.0%〜17.8%

200万円を借りる場合は、200万円コースとなるので、5.0%〜12.8%の金利が適用されます。

 

 

毎月返済額は

借入残高 毎月のご返済額
30万円以下 7,000円
30万円超50万円以下 10,000円
50万円超100万円以下 20,000円
100万円超150万円以下 30,000円
150万円超200万円以下 35,000円
200万円超250万円以下 40,000円
250万円超300万円以下 45,000円
300万円超400万円以下 50,000円
400万円超500万円以下 60,000円
500万円超600万円以下 70,000円
600万円超 80,000円

なので、200万円借りた場合の毎月返済額は35,000円以上になります。

 

三井住友銀行カードローンで200万円借りる。

最近テレビコマーシャルでもよく見かけるようになった三井住友銀行カードローンは業界最高クラスのスペックを有しているカードローンです。

 

三井住友銀行カードローンの申込条件は

  • 申込時の年齢が満20歳以上満69歳以下の方
  • 原則安定したご収入のある方
  • 三井住友銀行指定の保証会社

(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる方ならパートやアルバイトの方でも申込が可能です。

 

 

三井住友銀行カードローンの金利は

借入限度額 金利
100万円以下 年12.0%〜14.5%
100万円超200万円以下 年10.0%〜12.0%
200万円超300万円以下 年8.0%〜10.0%
300万円超400万円以下 年7.0%〜8.0%
400万円超500万円以下 年6.0%〜7.0%
500万円超600万円以下 年5.0%〜6.0%
600万円超700万円以下 年4.5%〜5.0%
700万円超800万円以下 年4.0%〜4.5%

200万円を借りた時の金利は10.0%〜12.0%が適用されます。

 

 

毎月返済額は

約定返済時の借入残高 約定返済金額
2,000円未満 約定返済時の利息と借入残高の合計金額
2,000円超50万円以下 10万円以下の場合2,000円、以後、お借入残高が10万円増すごとに2,000円を追加
50万円超300万円以下 60万円以下の場合11,000円、以後、お借入残高が10万円増すごとに1,000円を追加
300万円超500万円以下 350万円以下の場合40,000円、以後、お借入残高が50万円増すごとに5,000円を追加
500万円超800万円以下 600万円以下の場合60,000円、以後、お借入残高が100万円増すごとに5,000円を追加

なので、100万円を借りた時の毎月返済額は25,000円の返済になります。

 

無駄な利息を抑える効果的な返済方法

200万円借りた場合、返済が長期になるので、毎月返済額は少ない方が返済しやすくなります。しかし、毎月返済額が少ない場合は返済回数が増え、結果的に元金と利息を含めた返済総額が多くなり、無駄な利息を支払う事になります。

 

返済方法に繰り上げ返済があります。繰り上げ返済は、毎月返済額以外に返済額を上積みする方法で、いつでも可能ですし、繰り上げ返済を続けることによって返済回数を減らす事が可能で、返済回数が少なくなれば総返済額も少なくなります。

 

普段は最低返済額だけの返済を続け、ボーナスなどの臨時収入が有った時や、生活費に余裕が有った月は繰り上げ返済をおすすめします。

 

まとめ

 

100万円以上の借入を希望する場合、金額が大きくなればなるほど銀行の多目的ローンなら金利も低いのでおすすめですが、銀行によっては年収制限が有ったり、保証人や担保を用意したりしなければならない事もあります。

 

やはり、手軽に借りる方法とは銀行カードローンがおすすめで、安定した収入が有れば原則保証人や担保が不要なので、誰に知られる事もなく申込ができます。ただし、200万円という高額になると、誰でも借りられるわけでもなく、それなりの属性も必要になります。

 

たとえば、現在利用中のカードローンを解約したり、カードローンのキャッシング枠を0円に変更したりする事も必要ですし、高額融資を受けようと思う時は、事前に信用情報機関の個人情報をきれいにしておく事も重要です。